Ethereumガス料金は高いが、SKALEネットワークは解決策を持っている

Quantstamp Announcements
July 14, 2020

Innovation in the DeFi space is proving Ethereum’s utility, but it is also revealing Ethereum’s limits. Yield farming, the latest DeFi craze, placed upward pressure on fees after applications like Compound and Curve started providing users with additional rewards for supplying liquidity and other activities on their platforms. Before yield farming, Tether already contributed to higher fees by migrating its stablecoin onto Ethereum and is currently the highest consumer of gas

High fees are a strong indicator of Ethereum’s success, but also a barrier to other potential applications. For instance, Reddit is interested in onboarding its users to Ethereum but is currently sitting on the sidelines waiting for a scaling solution.

The demand for Ethereum block space is going up. Image source: Etherscan

SKALE Network aims to scale Ethereum with elastic sidechains  

SKALE Network aims to not only scale Ethereum, but do so in a way that vastly improves the user experience. In the future, people using dApps powered by the SKALE Network will largely have no transaction fees and near-instantaneous transaction times, thanks to “elastic sidechains." Potential applications that were crowded out of Ethereum Layer 1 due to high transaction fees and slow confirmation times now have a network designed for them. 


SKALE Network’s elastic sidechains remove Ethereum mainnet storage and computation limitations and are customized to fit the needs of that specific application: each dApp has its own Ethereum as a service sidechain. This enhances user experience because rather than users paying for a transaction every time they use an application, dApp creators pay sidechain node operators a flat fee directly for the resources they need. 

Node operators can run multiple chains. Each chain is dedicated to a single dApp. Image source: SKALE Network

SKALE Network also has a decentralized design. SKALE Network node operators are assigned to a chain using randomness generated by the SKALE manager contract on Ethereum. Layer 1 and their good behavior is incentivized through staking mechanisms. 

SKALE has a clever consensus design. Image source: SKALE Network

48 decentralized applications have already signed up for the SKALE Innovator Program—designed to facilitate their successful onboarding—and are expected to be among the first dApps to utilize the network. 

SKALE Mainnet Phase 1 is complete, Phase 2 coming soon!

The launch of SKALE Network is taking place over 3 phases. On June 30th, SKALE Network Phase 1 went live on Ethereum mainnet. Future phases will enable staking and token transfers. 

SKALE Network hired Quantstamp to secure their contracts before launching on mainnet. We are thrilled to be a part of this project and we look forward to sharing future accomplishments made by the SKALE Network. 

Quantstamp お 知らせ
2020年7月14日

DeFi空間におけるイノベーションは、Ethereumの有用性を証明していますが、同時にEthereumの限界も明らかにしています。DeFiの最新の流行であるイールドファーミングは、CompoundやCurveのようなアプリケーションが、プラットフォーム上での流動性の供給やその他の活動に対する追加報酬をユーザーに提供し始めた後、手数料に上昇圧力をかけました。イールドファーミングの前に、Tetherはすでに安定コインをEthereumに移行することで手数料の上昇に貢献しており、現在はガスの消費量が最も多い。 

手数料の高さは、Ethereumの成功を強く示すものですが、他の可能性のあるアプリケーションの障壁にもなっています。例えば、RedditはユーザーをEthereumにオンボードすることに興味を持っていますが、現在はスケーリングソリューションを待って傍観しています。

Ethereumのブロックスペースの需要が高まっている画像の出典。 イーサースキャン

SKALE Networkが弾性サイドチェーンでEthereumのスケールアップを目指す  

SKALE Networkは、Ethereumをスケーリングするだけでなく、ユーザーエクスペリエンスを大幅に向上させることを目指しています。将来的には、SKALEネットワークを利用したdAppsを利用している人は、"弾力性のあるサイドチェーン"のおかげで、ほとんどの場合、取引手数料が無料で、ほぼ瞬時の取引時間を持つことができるようになります。高い取引手数料と確認時間の遅さのためにEthereum Layer 1から締め出されていた潜在的なアプリケーションが、そのために設計されたネットワークを手に入れることができます。 


SKALE Networkの弾性サイドチェーンは、Ethereumメインネットのストレージと計算の制限を取り除き、特定のアプリケーションのニーズに合わせてカスタマイズされます。これにより、ユーザーはアプリケーションを使用するたびにトランザクションの料金を支払うのではなく、dAppの作成者はサイドチェーンノードのオペレータに必要なリソースに対して直接定額料金を支払うことになるため、ユーザーエクスペリエンスが向上します。 

ノードオペレータは複数のチェーンを実行することができます。各チェーンは1つのdApp専用です。イメージソース。 SKALEネットワーク

また、SKALE Networkは分散型の設計になっています。SKALE Networkのノードオペレータは、Ethereum上のSKALEマネージャ契約によって生成されたランダム性を使用してチェーンに割り当てられます。レイヤ1と彼らの良い行動は、ステークスのメカニズムを介してインセンティブを与えられています。 

SKALEには巧妙なコンセンサスデザインがあります。イメージソース。 SKALEネットワーク

48 の分散型アプリケーションが既に SKALE Innovator Program にサインアップしており、オンボーディングを成功させるために設計されており、ネットワークを利用する最初の dApp の一つになることが期待されています。 

SKALEマインネット第1期が完成し、第2期も間もなくスタートします。

SKALE Networkのローンチは3つのフェーズに渡って行われています。6月30日には、SKALE Networkのフェーズ1がEthereumメインネット上で稼働しました。今後のフェーズでは、ステイクやトークンの転送が可能になります。 

SKALE ネットワークは mainnet で起動する前に彼らの契約を確保するためQuantstamp に雇われました。私達はこのプロジェクトの一部であることに興奮しているし、私達は SKALE ネットワークによってなされる未来の達成を共有することを楽しみにしています。 

すべてのdAppはローンチ前に監査が必要
今すぐ安全を確保しましょう
August 4, 2020

Quantstamp Community Update - July 2020

Here’s what happened at Quantstamp in July:

July 24, 2020

Yearn.Finance Security Review

Quantstamp completed its informal code review of Yearn Finance. Yearn Finance provides yield-maximizing opportunities for liquidity providers, and is intended to be governed in a decentralized manner. We performed this review as a service to the community. Findings are divided by contract below.

July 21, 2020

Risks on the Farm - How to Yield Farm Safely

“Yield Farming” is on the rise. Users are making money simply by providing liquidity, or in some cases, even just for using their favorite DeFi projects. But is it really "free money? Maybe not. Users need to be aware of the Risks on the Farm.

July 16, 2020

Ethereum 2.0 Moves Closer to Launch with Quantstamp Audit of Prysm

Quantstamp recently has completed its audit of Ethereum 2.0 as implemented by Prysmatic Labs.