Ethereum 2.0に関する4つの神話

Quantstamp Labs
June 16, 2020

Ethereum 2.0, a long-awaited upgrade to Ethereum, is planning to be launched this year. More than a simple update or hard fork, it is an entirely new blockchain which runs on a Proof-of-Stake system.  

There’s a lot of talk and speculation about Ethereum 2.0. In this post, we highlight 5 easily held misconceptions about this next stage of Ethereum.  

Myth #1 Ethereum 2.0 will be a simple speed upgrade for Ethereum. 

While Ethereum has experienced many hard-forks, Ethereum 2.0 will be a paradigm change. Most updates to Ethereum are non-contentious hard-forks. To the end user, these hard forks happen fairly seamlessly, similar to how a phone or laptop may automatically update its operating system. 

Ethereum 2.0 however is a structurally different version of Ethereum. It will use Proof-of-Stake consensus instead of the current Proof-of-Work. It will also use a completely different, sharded architecture to increase scalability.  

Because of these structural differences, Ethereum 2.0 will not be a straightforward hard-fork. Instead, it is being implemented as its own chain, but with plans to eventually migrate Ethereum 1.0 accounts and contracts over. 

The details of this migration are still being discussed, but the current plan is to migrate Ethereum 1.0 over to Ethereum 2.0 to exist on one of the 64 shard chains.  

Myth #2 Ethereum 2.0 is coming in one fell swoop 

To ease the transition to a new framework, Ethereum 2.0’s introduction will actually take a phased approach. The first phase, phase 0 is coming this year. It introduces the Beacon chain and staking, but does not implement more complicated smart contact functionality.  

Phase 1, the next stage of Ethereum 2.0, will introduce shard chains. Sharding is a structural innovation introduced in Ethereum 2.0 which promises to significantly improve scalability. It is inspired by database sharding

Phase 2 will be the final stage of the Ethereum 2.0 rollout. It will have account balances, transfer, and smart contact functionality.  

Each of these phases will take time to be implemented, and be thoroughly tested. While all signs point to Ethereum 2.0 phase 0 arriving this year, Phase 1 will most likely be arriving in 2021, with Phase 2 after that.  

Myth #3 Ethereum 2.0 will have its own token. 

Ethereum only has one native token - ETH. This is the native asset of Ethereum, and will also be the native asset of Ethereum 2.0.  

Phase 0 of Ethereum 2.0 will accept deposits for users who would like to run validators. Validators perform Proof-of-Stake consensus to secure the network. In return they earn ETH.  

It should be noted that Phase 0 will have very limited functionality, and since there is currently only planned to be a one-way bridge for ETH to migrate to Ethereum 2.0 Phase 0, ETH sent to Ethereum 2.0 phase 0 will essentially be locked and inaccessible for a significant period of time.

Myth #4 ETH 2 will still be organized around blocks  

ETH 2.0 will still have a blockchain, but it will actually be organized around slots and epochs.  A slot is currently specified to be 12 seconds long. Within each slot, a committee of validators attests to the validity of blocks. Attested blocks are included in that slot, though slots may also be empty. 

You can see this in action at https://beacon.etherscan.io/ 

Another important unit is the Epoch. An Epoch is a fixed number of slots(currently 32) after which validators are reshuffled in committees.   

Quantstamp is proud to be auditing the Prysmatic Labs Ethereum 2.0 client. 


Quantstamp ラボ
2020年6月16日

待ちに待ったEthereumのアップグレードであるEthereum 2.0が今年発売される予定です。単なるアップデートやハードフォークではなく、プルーフオブステークシステム上で動作する全く新しいブロックチェーン ものです。  

Ethereum 2.0については、多くの話題や憶測が飛び交っています。この記事では、Ethereumの次のステージであるEthereumについての5つの誤解を取り上げます。  

神話#1 Ethereum 2.0はEthereumの単純なスピードアップグレードになる。 

Ethereumは多くのハードフォークを経験してきましたが、Ethereum 2.0はパラダイムチェンジとなるでしょう。Ethereumのアップデートのほとんどは、論争の余地のないハードフォークです。エンドユーザーにとっては、これらのハードフォークは、携帯電話やラップトップが自動的にOSをアップデートするのと同じように、かなりシームレスに行われます。 

しかし、Ethereum 2.0は構造的に異なるバージョンのEthereumです。現在のプルーフ・オブ・ワークの代わりにプルーフ・オブ・テイクのコンセンサスを使用します。また、スケーラビリティを向上させるために、全く異なるシャード型のアーキテクチャが採用されます。  

このような構造的な違いから、Ethereum 2.0はストレートなハードフォークではありません。その代わりに、独自のチェーンとして実装されますが、最終的にはEthereum 1.0のアカウントや契約を移行する計画があります。 

この移行の詳細はまだ議論されていますが、現在の計画では、Ethereum 1.0をEthereum 2.0に移行して、64のシャードチェーンのいずれかに存在するようにするとのことです。  

神話その2 Ethereum 2.0が一気にやってくる 

新しいフレームワークへの移行を容易にするために、Ethereum 2.0の導入は、実際には段階的なアプローチを取ることになります。第一段階であるフェーズ0は今年に入ってからです。これはBeaconチェーンとステークスを導入しますが、より複雑なスマートコンタクト機能は導入しません。  

Ethereum 2.0の次のステージであるフェーズ1では、シャーディングチェーンが導入されます。シャーディングは、Ethereum 2.0で導入された構造的なイノベーションで、スケーラビリティの大幅な向上が約束されています。データベースのシャーディングに触発されています。 

フェーズ2は、Ethereum 2.0のロールアウトの最終段階となります。口座残高、送金、スマートコンタクト機能を持つことになります。  

これらの各フェーズは、実装に時間がかかり、徹底的にテストされることになります。すべての兆候は今年中にEthereum 2.0のフェーズ0が到着することを示していますが、フェーズ1は2021年に到着する可能性が高く、フェーズ2はそれ以降になるでしょう。  

神話#3 Ethereum 2.0は独自のトークンを持つようになる 

Ethereumには、ネイティブトークンであるETHが1つしかありません。これはEthereumのネイティブアセットであり、Ethereum 2.0のネイティブアセットにもなります。  

Ethereum 2.0のフェーズ0では、バリデータを実行したいユーザーの入金を受け付けます。バリデータは、ネットワークの安全性を確保するためにProof-of-Stakeコンセンサスを行います。その見返りとしてETHを獲得します。  

フェーズ0の機能は非常に限られており、現在のところETHがEthereum 2.0フェーズ0に移行するための一方通行のブリッジが計画されているだけなので、Ethereum 2.0フェーズ0に送られたETHは実質的にロックされ、かなりの期間アクセスできない状態になることに注意が必要です。

神話#4 ETH 2はまだブロックを中心に編成されるだろう  

ETH 2.0には、これまで通り、スロットとエポックがブロックチェーンありますが、実際にはスロットとエポックを中心に編成されます。 スロットは現在、12秒の長さに指定されています。各スロット内では、バリデータの委員会がブロックの有効性を認証します。認証されたブロックはそのスロットに含まれますが、スロットが空になることもあります。 

これは https://beacon.etherscan.io/ で見ることができます。 

もうひとつの重要な単位はエポックです。エポックは固定のスロット数(現在は32)で、その後、委員会でバリデータの入れ替えが行われます。   

Quantstamp は、Prysmatic LabsのEthereum 2.0クライアントを監査できることを誇りに思っています。 


トッププロジェクトは、監査を選択します。
詳細を見る
August 4, 2020

Quantstamp Community Update - July 2020

Here’s what happened at Quantstamp in July:

July 24, 2020

Yearn.Finance Security Review

Quantstamp completed its informal code review of Yearn Finance. Yearn Finance provides yield-maximizing opportunities for liquidity providers, and is intended to be governed in a decentralized manner. We performed this review as a service to the community. Findings are divided by contract below.

July 21, 2020

Risks on the Farm - How to Yield Farm Safely

“Yield Farming” is on the rise. Users are making money simply by providing liquidity, or in some cases, even just for using their favorite DeFi projects. But is it really "free money? Maybe not. Users need to be aware of the Risks on the Farm.

July 16, 2020

Ethereum 2.0 Moves Closer to Launch with Quantstamp Audit of Prysm

Quantstamp recently has completed its audit of Ethereum 2.0 as implemented by Prysmatic Labs.